素晴らしいペリック効果

ホームページTOPへ

パイプ煙草の勧め キャラバッシュパイプの
使い方とメンテナンス
日本人向きパイプ
用ブレンド葉
素晴らしい
ペリック効果

アメリカンスピリット:ペリック
ペリックと言う煙草葉の漬物が脳を変えました
  ペリック葉が含まれた煙草を喫うと大変興味深い変化が起こります。喫い始めて以来、非常に良質な睡眠が得られるようになり、脳の処理能力が大幅にアップしています。ヴィオラを演奏している知り合いの女性に、紙巻煙草:アメリカンスピリット・ペリック黒箱を 勧めて、1本喫っただけで今まで苦労していたフレーズが楽々と弾けるようになったと大喜びしました。彼女の人生初の煙草体験です。私自身、仕事の効率UPや安全運転に非常に効果が有る事を実感しています。
このような方にお勧めします
◎夜中にトイレに立つと、再度床に入ってもなかなか寝られない。
◎苦労して禁煙したが、頭が冴えず、うっかりミスが増えている。
◎アクシデントが起こった時、とっさの回避行動がとれない。
◎医者から指示された薬を毎日大量に飲んでいる。
◎夜になるとぐったり疲れて何も出来ない。
◎興味を惹くものが無くなり、毎日何の変化も無い。
◎漠然とした不安感が常にある。
◎身の回りで何かが壊れた時に、直し方が解らない。
◎本が読めなくなった、書かれている事が理解できない。
◎今後の人生に希望が持てない。
◎異性に興味が無くなった。
◎若い人の場合は、スポーツや楽器の演奏等で、能力の限界と感じていた
事が、易々とこなせるようになる可能性が有ります。

ナチュラル・アメリカン・スピリット・ペリック
 ビールを筆頭にアルコール飲料を狂ったようにメディアが日々飲むように奨励し、逆に煙草を徹底的に抹殺しようとする世の中で、アメリカンスピリット・ペリックが販売されている事には、大きな意味が有りそうです。バージニア葉に10%のペリックをブレンドしたものがアメリカンスピリット・ペリックです。近くの煙草店で普通に販売されています。置いていない場合は、10箱入りワンカートンを予約すれば取り寄せてくれます。煙を肺に吸い込まなくても、口の中でふかしているだけで、粘膜から吸収されます。今まで煙草を喫った経験が無い人にもお勧めします。手巻き煙草にしたり、カピートパイプで喫えるシャグ葉(40g)も有ります。パイプ煙草のページでシガレットを勧めるのは変な話ですが、誰でもすぐにペリック葉体験が出来る手段としてご紹介するのは、ペリック葉の凄さに気付いた者の義務だと思います。

Bows Mixture No.2
VIRGINIA RIBBON(バージニア)40%
BURLEY RIBBON CUT(バーレー)15%
TURKISH IZMIR(ターキッシュ/オリエント/トルコ葉)25%
PERIQUE(ペリック)5%
LATAKIA(ラタキア)15%
 ※No.1には無いオリエントの硬質な味が一貫してベースに存在します。バーレーの比率が下がった事によって中和する力が弱まり、ペリックやラタキアの個性が時間経過と共に浮上します。アクセントを付ける葉(ペリック、ラタキア)の比率が20%と低い為に、喫煙経験が無い人でも喫えるマイルドなブレンドです。入門期用ブレンド

Bows Mixture No.2N
VIRGINIA RIBBON(バージニア)40%
BURLEY RIBBON CUT(バーレー)10%
TURKISH IZMIR(ターキッシュ/オリエント/トルコ葉)20%
PERIQUE(ペリック)10%
LATAKIA(ラタキア)20%
※アクセントを付ける葉の比率を30%に上げた中級者向きブレンド。VIRGINIAの甘さが通奏低音のように続き、後半に差し掛かるとPERIQUEとLATAKIAが微妙に絡み合い、終盤は全ての要素が豊かな和音を奏でます。
  1. 一度に200gブレンドしています
     手持ちの密閉容器にぴったり収まる量が200g と言うのが理由です。2週間程で喫いきる量ですが、時期をずらして次々にブレンドしますので、常に5〜8個の密閉容器にブレンド煙草が入っています。ブレンド作業は上記の%を2倍にしたグラム数を、大きな容器に順番に入れて、丹念に揉むだけです。200gを3等分してポリ袋に入れ、細長く巻いて容器に差し込みます。ブレンド後、一週間経過すると一応喫えるようになります。そして一ヶ月経過するとマイルドな本来の味になります。1年置けば熟成が進み理想的な味になると言うことですが、その前に喫いきってしまいます。
ブレンド作業
Bows Mixture No.3 ・・・少し辛目、大人の味。
VIRGINIA RIBBON 40%
BURLEY RIBBON CUT 20%
GREEN RIVER BLACK CAVENDISH 10%
PERIQUE (Granulated) 10%
LATAKIA 20%

Bows Mixture No.4 ・・・甘さと金属的な味が微妙に絡み合う。
VIRGINIA RIBBON 30%
BURLEY RIBBON CUT 15%
TURKISH IZMIR(ORIENT) 15%
GREEN RIVER BLACK CAVENDISH 15%
PERIQUE (Granulated) 10%
LATAKIA 15%

Bows Mixture No.5 ・・・刺激が無く平凡な味。
VIRGINIA RIBBON 35%
BURLEY RIBBON CUT 15%
TURKISH IZMIR(ORIENT)25%
PERIQUE (Granulated) 5%
LATAKIA 20%

Bows Mixture No.6 ・・・日々普通に喫えます。
VIRGINIA RIBBON 35%
BURLEY RIBBON CUT 15%
TURKISH IZMIR(ORIENT) 20%
GREEN RIVER BLACK CAVENDISH 7%
PERIQUE (Granulated) 7%
LATAKIA 16%
※No.2に大人のスパイスを足した感じで、味の変化が明確に分かります。

Bows Mixture No.7 ・・・日々普通に喫えます。
VIRGINIA RIBBON 35%
BURLEY RIBBON CUT 10%
TURKISH IZMIR(ORIENT) 15%
GREEN RIVER BLACK CAVENDISH 10%
PERIQUE (Granulated) 10%
LATAKIA 20%
 ※やや辛めのブレンドになりました。紫煙と対話しながら、ゆっくりと喫えます。

Bows Mixture No.8 ・・・日々普通に喫えます。
VIRGINIA RIBBON 40%
BURLEY RIBBON CUT 5%
TURKISH IZMIR(ORIENT) 15%
GREEN RIVER BLACK CAVENDISH 5%
PERIQUE (Granulated) 10%
LATAKIA 25%
※番外編を参考にしました。BURLEYを5%入れただけでJewel of Macedoniaよりも平凡になりました。穏やかな喫い易い味で、失敗ではありません。

番外編・・・deluxestogie's Simplified Jewel of Macedonia
VIRGINIA 40%
Oriental(Turkish) 20%
BLACK CAVENDISH 5%
PERIQUE 10%
LATAKIA 25%
 ※これはアメリカのWEBサイトで見つけたtogieさんが考えたブレンドです。ブレンドから一ケ月が経過し、この組み合わせの意図が理解できました。一貫してバージニアの甘味がベースに流れる間に、ペリックやラタキアのうま味が顔を出します。通常イングリッシュミクスチャーにBURLEYを入れない理由がよく分かりました。少量のBLACK CAVENDISHを入れたのは、シンプルに成り過ぎない為のスパイスのようです。

Bows Mixture No.9 ・・・優しい味
VIRGINIA RIBBON 15%
BURLEY RIBBON CUT 30%
TURKISH IZMIR(ORIENT) 20%
GREEN RIVER BLACK CAVENDISH12%
PERIQUE (Granulated) 3%
LATAKIA 20%
 ※手持ちの葉の比率を元に、従来の流れをぶち壊すブレンドにしました。評価が難しい奇妙な一品になりました。脇役のBURLEYが主役になり、地味だが味わい深い話が淡々と展開する監督:小津安二郎、主演:笠智衆…という映画のような味です・・・?

Bows Mixture No.10 ・・・経過観察中
VIRGINIA RIBBON 30%
BURLEY RIBBON CUT 15%
TURKISH IZMIR(ORIENT) 15%
GREEN RIVER BLACK CAVENDISH 5%
PERIQUE (Granulated) 5%
LATAKIA 30%
 ※手持ちの葉の比率を元に割り出しました。ラタキアをバージニアと同量にするのは初めてです。この比率なら600g作れますが、とりあえず200gにして味を確かめます。

自家ブレンド煙草が美味しい理由
 素手で葉を丹念に揉む事は様々な効果を生み出すようです。寿司やオニギリを、ポリ手袋をはめて握るようになったのは、何時の頃からでしょう。無菌状態が安全で正しいと、多くの国民が信じるようになると、日本人は大切なものを失うことでしょう。


友人の考えたブレンド
@ バージニアN0.1:45%、 オリエント:30%、ラタキア:15%、ペリック:10%・・・バージニアNo1にはバーレー葉がブレンドされていますので、5種類のブレンドになります。これも味の変化を楽しめる、完成度の高い組み合わせです。
A バージニアN0.1:22.5%、レッドバージニア:22.5%、 オリエント:30%、ラタキア:15%、ペリック:10%・・・バーレーの比率が半減したブレンドです。バージニアによる甘味が強くなり、オリエントの金属味やラタキア、ペリックの個性が緩やかに現れます。

個人輸入しなくても喫い易いブレンドが作れる裏技
 煙草専門店なら必ず置いているチェ・シャグ=バーレー、バージニア、オリエンタル、メリーランド葉を使用と、アメリカンスピリットペリック・シャグ=バージニア90%、ペリック10%使用を混合すると、刺激の少ない喫い易いブレンド煙草になります。チェ・シャグは25gで680円、アメリカンスピリットペリック・シャグは40gで1160円です。チェ・シャグ2袋とアメスピペリック・シャグ1袋を混ぜ合わせると、2,520円で90gのブレンドが出来ます。通販だと送料が高くつきますので、煙草専門店で購入する事をお勧めします。友人はこのブレンドにチェリックと言う名前を付けました。何故、喫い易いブレンドになるのかは、少し辛くて刺激の強いアメリカンスピリットペリックに、刺激が少ないチェを混ぜる事で、吸い易くなるという訳です。ペリックの比率は5%弱になりますが、脳へのプラス効果は期待できます。
※シャグ葉は刻みが細かい為に、使用するパイプはカピートやコーンパイプが適しているようです。  
チェとアメスピペリック

 ご訪問ありがとうございます。好みに合わせて我流で作ったブレンドです。表示したブレンド比率は自由にお使いください。ご質問、アドバイス、ご感想などがございましたら、メールでお知らせください。 メール:m168@oregan o.ocn.ne.jp 富田英之

メニューへ

Home 開催日 掲示板 E-mail