奥瀬隆行遺稿集

ホームページ管理者の
又従兄弟です

彼の写真

遺稿集の表紙と寺山修司の選評
星の歌 死と黒犬の
対話
斜視
純白な花 死への
ジャンプ
微風と
すかいぶるう
絵筆 いのちと
星の歌
石と夕立
風と蓮華と
少女と男
小鳥と少年
 急性白血病で高校3年生と言う若さで逝った奥瀬隆行君は、優れた感性と知性の持ち主で、お馬鹿なことばかりやっていた3歳年上の私にとっては少し苦手な存 在でした。
 伊賀上野市長をしていた彼の父と、私の母が従兄妹で、よく伊賀上野に遊びに行きました。  

 いつの頃からか、彼が雑誌に投稿した作品が度々入賞したと聞いていましたが、ステレオいじりや、武器作りばかりに嵌っていた私にとっては関心が無い話で、彼の生前に作品を読むことはありませんでした。

 突然彼が白血病で倒れて、黄疸で黄色くなった顔の彼に気休めの言葉をかけたら、死を覚悟した冷静な言葉が返ってきて、ショックを受けたことを覚えています。  

 葬儀が終わって、どれぐらい経ったか覚えていませんが、遺稿集が送られてきて初めて彼の作品に接しました。投稿する際は宮内黙と言うペンネームを使っていた事も 初めて知りました。

  寺山修司氏が高く評価していたと知って、生きていたらどんな人になっていただろうと考え、作品集をホームページに掲載してみました。
※彼が逝ったのは、今から50年前の話です。  
 奥瀬隆行君が雑誌投稿の際に使ったペンネームの宮内黙は三重の陽明学者である 宮内黙蔵から拝借したものです。
 高校生で陽明学者に心酔していた彼の頭の中は、お馬鹿なことばかりに嵌っている私には理解できません。
 宮内黙蔵(1846〜1925)は明治・大正期に活躍した三重県亀山市出身の陽明学者。 二松学舎や國學院大學の教授を歴任したが、その間に8冊の単行本と8種の漢文学 講義録を公表した。

ホームページTOPへ

Home お話P 画像P 開催日 講演録 無益話 掲示板